年金数理人になるまでの流れ

年金数理人になるには、つぎの4つの要件をみたし、厚生労働大臣の認定を受ける必要があります。

  1. 知識:以下のいずれかに該当すること。
    • (1) 公益社団法人日本アクチュアリー会(以下「アクチュアリー会」)が実施する試験(以下「資格試験」)の全科目に合格
    • (2) 公益社団法人日本年金数理人会(以下「年金数理人会」)が実施する試験(以下「能力判定試験」)の全科目に合格
    • (3) 「資格試験」と「能力判定試験」に関して以下の要件を全て満たす
      • 資格試験の「数学」及び「損保数理」(平成19年度以前については資格試験の「数学」)または能力判定試験の「基礎数理Ⅰ」に合格
      • 資格試験の「生保数理」または能力判定試験の「基礎数理Ⅱ」に合格
      • 資格試験の「年金数理」または能力判定試験の「年金数理」に合格
      • 資格試験の「会計・経済・投資理論」または能力判定試験の「会計・経済・投資理論」に合格
      • 能力判定試験の「年金法令・制度運営」に合格
  2. 経験:確定給付企業年金等の年金数理に関する業務(以下「年金数理業務」)に5年以上従事した者であること。
  3. 責任者たる経験:年金数理業務の責任者として年金数理業務に2年以上従事した者であること。
  4. 十分な社会的信用を有するものであること。

以下は、年金数理人の知識要件を充足するための流れについて説明します。

※1 基礎科目受験
※2 7月頃にホームページに公表される申込要領に基づいてアクチュアリー会宛て受験申込
※3 12月頃に試験実施
※4 1科目以上合格した場合はアクチュアリー会研究会員になる
※5 専門科目受験
※6 能力判定試験の受験
※7 4月頃にホームページに公表される申込要領に基づいて年金数理人会宛て受験申込
※8 10月頃に試験実施

ページトップへ

  • 会員になるまでの流れ
  • 能力判定試験について