JSCPA調査報

年金数理人の知識・見識を広げることを目的として調査研究委員会より年3回程度発行される調査報(JSCPA調査報)を掲載しております。内容は年金制度および社会保障制度における主な出来事や国内外の年金制度、社会保障制度に関する提言・論文などが紹介されております。

下表の号番号をクリックすると該当する調査報のPDFファイルが開きます。

なお、法令・通知・基準改正に関する解説のバックナンバーをまとめたファイルも作成しています。こちらをクリック(PDF:848KB)してください。

発行内容(新着情報「法令・通知・基準改正」を除く)
182018/260
論文・文献その他の情報(2017年9月-12月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成29年版 厚生労働白書(平成29年10月24日)
  • 厚生労働省 平成29年「高年齢者の雇用状況」の集計結果(平成29年10月27日)
  • 厚生労働省 平成29年(2017年)10月末現在 国民年金保険料の納付率(平成29年12月22日)
  • 厚生労働省 平成29年(2017)人口動態統計の年間推計(平成29年12月22日)

その他

  • 厚生労働省 平成29年度 年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況について(平成29年11月2日)

論文

  • “デロイト確定拠出年金ベンチマーキング調査2017(Deloitte 2017 Defined Contribution Benchmarking Survey),” Oct. 2017 – Deloitte.
  • “中国における退職後市場の未来(The Future of Retirement in China),” Nov. 2017 – The Actuary Magazine pg: 10
  • “長寿に関する人間的側面へのアクチュアリーの対応(What Were They Thinking? Actuaries Respond to the Human side of Longevity),” Nov. 2017 – The Actuary Magazine pg: 14
論文・書籍紹介
  • 寄稿「P値の誤用に関するアメリカ統計協会の警告について」杉田 健 著
  • 論文紹介「Pension Markets in Focus 2017」OECD
  • 書籍紹介「人口減少と社会保障~孤立と縮小を乗り越える~」山崎 史郎 著
172017/1045
論文・文献その他の情報(2017年5月-8月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成28年簡易生命表の概況(平成29年7月27日)
  • 厚生労働省 厚生年金・国民年金の平成28年度収支決算の概要の公表(平成29年8月10日)
  • 厚生労働省 平成29年(2017年)6月末現在 国民年金保険料の納付率(平成29年8月25日)

その他

  • 信託協会・生命保険協会・全国共済農業協同組合連合会 企業年金(確定給付型)受託概況(平成29年5月23日)
  • 年金積立金管理運用独立行政法人 平成28年度の運用状況について(平成29年7月7日)
  • 年金積立金管理運用独立行政法人 平成29年度第1四半期運用状況(平成29年8月4日)

論文

  • “DB負債の経済的価値(Economic Valuation of DB-liabilities),” Teemu Pennanen, Jul. 2017 – PBSS/IACA Colloquium Cancun 2017
  • “DBとDCのハイブリッド社会保障年金制度:リスク共有と確率的最適制御(Hybrid Social Security Pension Schemes Between DB and DC: Risk Sharing ans Stochastic Optimal Control),” Pierre Devolder, Jul. 2017 – PBSS/IACA Colloquium Cancun 2017
  • “財務担当役員にとって満足度の高い年金リスク移転取引(Finance Chiefs Express High Satisfaction with Pension Risk Transfers),” Aug. 2017 – Prudential
  • “企業がヘルスケアコストの管理を本格検討(Employers Plan to Step Up Health Benefit Cost Management),” Aug. 2017 – Plansponsor
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「監督者から見たDCのリスク・マネジメント-IOPSの報告書を踏まえて-」杉田健 著
  • 書籍紹介「教養としての社会保障」香取照幸 著
162017/763
論文・文献その他の情報(2017年1月-2017年4月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成29年度の年金額改定について(平成29年1月27日)
  • 厚生労働省第22回生命表(完全生命表)の概況(平成29年3月1日)
  • 厚生労働省 平成27年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について(平成29年3月)
  • 国立社会保障・人口問題研究所日本の将来推計人口(平成29年推計)(平成29年4月10日)
  • 厚生労働省平成29年(2017年)2月末現在 国民年金保険料の納付率(平成29年4月28日)

その他

  • 厚生労働省平成28年度年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況について(平成29年3月3日)

論文

  • “公務員セクターの確定拠出年金への投資の選択肢(Investment Options for Public Sector Defined Contribution Plans),” Jan. 2017 – The Pew Charitable Trusts
  • “確定給付制度の積み立てに要請される割引率の決定(Determining Discount Rates Required to Fund Defined Benefit Plans),” John A. Turner, Humberto Godinez-Olivares, David D. McCarthy, and Carmen Boado Penas, Jan. 2017 – Society of Actuaries
  • “行動経済学と、金融における消費者保護(Behavioral Economics and Financial Consumer Protection),” Anne-Francoise Lefevre and Michael Chapman, Mar. 2017 – OECD
  • “高学歴者向けの効率的かつ効果的な退職給付制度(Efficient and Effective Retirement Plan Design for Higher Education),” Apr. 2017 – EBRI
  • “誰が個人退職勘定(IRA)に拠出しているのか?(Who Contributes to Individual Retirement Accounts?),” Anqi Chen and Alicia H. Munnell, Apr. 2017 – Center for Retirement Research at Boston College
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「定年と受給開始年齢の決定:年金数理上、社会上および経済上の影響について」(後半)Determination of Retirement and Eligibility Ages: Actuarial, Social and Economic Impacts March 2016 (IAA)
  • 書籍紹介「退職金制度の教科書 制度の全体像をとらえ今後の設計・運用を考えるために」秋山 輝之 著
152017/256
論文・文献その他の情報(2016年10月-12月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成28年版 厚生労働白書(平成28年10月4日)
  • 厚生労働省 平成28年「高年齢者の雇用状況」の集計結果(平成28年10月28日)
  • 厚生労働省 平成28年(2016)人口動態統計の年間推計(平成28年12月22日)
  • 厚生労働省 平成28年(2016年)10月末現在 国民年金保険料の納付率(平成28年12月26日)

その他

  • 厚生労働省 平成28年度 年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況について(平成28年11月25日)

論文

  • “ドイツの年金制度改革の公開草案は、給付額の保証のない制度を提案(Draft of German pension reform proposes plans without guarantees),” Barbara Ottawa, Nov. 2016 – Investment & Pensions Europe
  • “ドイツ当局は広範囲の年金制度改革を明らかにした(German social ministry unveils comprehensive pension-system reform),” Barbara Ottawa, Dec. 2016 - Investment & Pensions Europe
  • “年金資産をどのように運用するか:ユニリーバ社年金基金(オランダ)(How We Run Our Money: Unilever Dutch pension funds,” Carlo Svaluto Moreolo, Dec. 2016 – Investment & Pensions Europe
  • “長寿リスク管理と保険会社(終身年金)の株主価値(Longevity Risk Management and Shareholder Value for a Life Annuity Business),” Craig Blackburn, Katja Hanewald, Annamaria Olivieri and Michael Sherris, Nov. 2016 – ASTIN Bulletin Vol. 47(1), p.43-77.
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「定年と受給開始年齢の決定:年金数理上、社会上および経済上の影響
  • について」(前半)
  • Determination of Retirement and Eligibility Ages: Actuarial, Social and Economic Impacts March 2016 (IAA)
  • 書籍紹介「変革迫られる年金運用 マイナス金利の衝撃」年金資産運用研究会=編
142016/1031
論文・文献その他の情報(2016年4月-9月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成27年簡易生命表の概況(平成28年7月27日)
  • 厚生労働省 平成27年度厚生年金・国民年金の収支決算の概要の公表(平成28年8月5日)
  • 厚生労働省 平成28年6月末現在 国民年金保険料の納付率(平成28年8月31日)
  • 厚生労働省 平成29年度厚生労働省税制改正要望について(平成28年9月1日)

その他

  • 信託協会・生命保険協会・全国共済農業協同組合連合会 企業年金(確定給付型)受託概況(平成28年5月24日)
  • 年金積立金管理運用独立行政法人 平成27年度の運用状況について(平成28年7月29日)
  • 企業年金連合会 年金資産運用状況説明書 2015年度(平成27年度)(平成28年8月18日)
  • 信託協会 平成29年度税制改正要望(平成28年9月15日)

論文

  • “年金加入と財産と収入(Pension Participation, Wealth, and Income: 1992-2010),” Alicia H. Munnell, Wenliang Hou, Anthony Webb, and Yinji Li, Jul. 2016 – Center for Retirement Research at Boston College
  • “リスク分担型の個人年金(Personal Pensions with Risk Sharing),” Lans Bovenberg and Theo Nijman, Aug. 2016 - Journal of Pension Economics and Finance
  • “401(k)で年金が提供する価値をどう実現することができるか?How Can We Realize the Value That Annuities Offer in a 401(k) World? ,” Steven A. Sass, Jul. 2016 – Center for Retirement Research at Boston College
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「合成文書:年金監督における年金数理計算と財政再計算の役割」
  • IOPS Working Papers on Effective Pensions Supervision, No.23 Synthesis Paper: The role of actuarial calculations and reviews in pension supervision
  • Sherika L.L. Ellis*, Esko Kivisaari**, Dariusz Stańko* September 2015
  • * 年金監督者国際機構(IOPS)、** 国際アクチュアリー会(IAA)
  • 書籍紹介「はじめての確定拠出年金投資」大江英樹著
132016/635
論文・文献その他の情報(2015年11月-2016年3月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成26年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について(平成27年12月22日)
  • 厚生労働省 平成27年(2015)人口動態統計の年間推計(平成28年1月1日)
  • 厚生労働省 平成28年度の年金額改定について(平成28年1月29日)
  • 厚生労働省 平成28年(2016年)1月末現在 国民年金保険料の納付率(平成28年3月25日)

その他

  • 厚生労働省 平成27年度 年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況について(平成27年11月30日)
  • 厚生労働省 平成27年度 年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況について(平成28年3月1日)

論文

  • “投資収益:確定給付型プランvs確定拠出型プラン (Investment Returns: Defined Benefit vs. Defined Contribution Plans),” Alicia H. Munnell, Jean-Pierre Aubry, and Caroline V. Crawford, Dec. 2015 – Center for Retirement Research at Boston College
  • “ベーシスリスクと年金制度:比較モデリングアプローチ (Basis Risk and Pension Schemes: A Relative Modelling Approach.),” Andrew Hunt and David Blake, Jan. 2016 – Pensions Institute
  • “定年制は意味があるか? (Does a Uniform Retirement Age Make Sense?),” Geoffrey T. Sanzenbacher, Anthony Webb, Natalia S. Orlova, and Candace M. Cosgrove, Jan. 2016 – Center for Retirement Research at Boston College
  • “非経済的な要因が引退の決定にどのように影響を与えるか? (How do Non-Financial Factor Affect our Retirement Decisions?),” Steven A. Sass, Feb. 2016 – Center for Retirement Research at Boston College
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「高齢者に対する社会的保護:重要な政策トレンドと統計」(後半)
  • SOCIAL PROTECTION POLICY PAPERS
  • Social protection for older persons: Key policy trends and statistics
  • Social Protection Department International Labour Office, 2014年
  • 書籍紹介「Pension Finance」M. Barton Waring著
  • 書籍紹介「ASEANの社会保険実務」坪野剛司監修、年金綜合研究所編
122016/144
論文・文献その他の情報(2015 年4 月-2015 年10 月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成26年簡易生命表の概況(平成27年7月30日)
  • 厚生労働省 厚生年金・国民年金の平成26年度決算の概要の公表について (平成27年8月7日)
  • 厚生労働省 平成28年度厚生労働省税制改正要望について(平成27年8月31日)
  • 厚生労働省 平成26年(2014)人口動態統計(確定数)の概況(平成27年9月3日)
  • 厚生労働省 平成27年「高年齢者の雇用状況」の集計結果(平成27年10月21日)
  • 厚生労働省 平成27年度の年金額改定について(平成27年1月30日)
  • 厚生労働省 平成27年版 厚生労働白書(平成27年10月27日)
  • 厚生労働省 平成27年8月末現在 国民年金保険料の納付率(平成27年10月30日)

その他

  • 信託協会・生命保険協会・全国共済農業協同組合連合会 企業年金(確定給付型)受託概況(平成27年5月26日)
  • 企業年金連合会 2014年度 年金資産運用状況(平成27年6月)
  • 厚生労働省 平成26年度 年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況について(平成27年7月10日)

論文

  • “Discretion In The Accounting for Defined Benefit Obligations – An Empirical Analysis of German IFRS Statements July 2014 (確定給付債務の会計における裁量余地について – IFRSに準拠したドイツ企業の財務諸表の実証的分析),” Marcus Salewski and Henning Zülch, Jul. 2014 – Journal of Pensions Economics and Finances
  • “401(k) Participant Behavior in a Volatile Economy (経済が不安定な局面における401(k)加入者の反応),” Barbara A. Butrica and Karen E. Smith, Aug. 2014 – Journal of Pension Economic and Finance
  • “Does Mortality Differ Between Public and Private Sector Workers? (死亡率は、公務員と民間労働者で異なるのか?),” Alicia H. Munnell, Jean-Pierre Aubry, and Geoffrey T. Sanzenbacher, Jun. 2015 – Center for Retirement Research at Boston College
  • “Outrunning the Bear: Pension Strategy in a Low-Return World (弱気筋の投資パフォーマンスを上回ること:ローリターンの世界市場における年金戦略),” Jared Gross, Jun. 2015 – Institutional Investor
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「高齢者に対する社会的保護:重要な政策トレンドと統計」(前半)
  • SOCIAL PROTECTION POLICY PAPERS
  • Social protection for older persons: Key policy trends and statistics
  • Social Protection Department International Labour Office, 2014 年
  • 書籍紹介「Discount Rates in Financial Reporting A Practical Guide」International Actuarial Association
  • 書籍紹介「雇用の変容と公的年金~法学と経済学のコラボレーション研究~」西村 淳 編著 ・
112015/646
論文・文献その他の情報(2014 年11 月-2015 年3 月)

政府関係

  • 厚生労働省平成25 年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について
  • (平成26 年12 月19 日)
  • 厚生労働省平成26 年(2014)人口動態統計の年間推計(平成27 年1 月1 日)
  • 厚生労働省社会保障審議会企業年金部会企業年金部会における議論の整理について(平成27 年1 月16 日)
  • 厚生労働省平成27 年度の年金額改定について(平成27 年1 月30 日)
  • 厚生労働省平成27 年1 月末現在国民年金保険料の納付率(平成27 年3 月18 日)

論文

  • “Measuring retirement savings adequacy: developing a multi-pillar approach in the Netherlands (退職貯蓄制度の適切性の測定:オランダにおける階層別アプローチ),” Knoef, M., J. Been, R. Alessie, K. Caminada, K. Goudswaard, and A. Kalwij, Nov 2014 – Journal of Pensions Economics and Finances
  • “Changing Frameworks for Retirement Security (退職保障制度のフレームワークの変化),” Olivia S. Mitchell, Sep 2014 – Pension Research Council
  • “Economic and financial approaches to valuing pension liabilities(年金負債評価に対する金融経済的アプローチ),” Novy-Marx, R., Jan 2015 – Journal of Pension Economics and Finance
  • “Integrated Risk Management for Defined Benefit Pensions: Models and Metrics (確定給付年金の統合リスク管理: モデルおよび指標),” Maurer, R., Dec 2014 – Journal of Pension Economics and Finance
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「欧州年金スキームの持続可能性-人口動態上の課題」
  • Groupe Consultatif Actuariel Européenne, 2012 年7 月
  • 書籍紹介「年金ファイナンス」デービッド・ブレイク著
  • 米澤康博/丸山高行監訳住友生命年金研究会訳
102015/178
論文・文献その他の情報(2014年5月-2014年10月)

政府関係

  • 厚生労働省 将来の厚生年金・国民年金の財政見通し(平成26年6月3日)
  • 厚生労働省 平成25年簡易生命表の概況(平成26年7月31日)
  • 厚生労働省 平成26年版 厚生労働白書(平成26年8月1日)
  • 厚生労働省 厚生年金・国民年金の平成25年度決算の概要の公表について (平成26年8月8日)
  • 厚生労働省 平成25年人口動態統計(確定数)の概況(平成26年9月11日)
  • 厚生労働省 平成26年8月末現在 国民年金保険料の納付率(平成26年10月22日)

その他

  • 信託協会・生命保険協会・全国共済農業協同組合連合会 企業年金(確定給付型)の受託概況(平成26年5月27日)
  • 厚生労働省 平成25年度 年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況について(平成26年7月4日)
  • 企業年金連合会 平成25年度 年金資産運用状況(平成26年10月3日)

論文

  • “Flattening Tax Incentives for Retirement Saving (退職後の貯蓄に対する税制上の優遇措置は縮小),” July 2014 - Brookings Economic Studies (ブルッキングス研究所経済調査)
  • “Retirement Security in an Aging Society(高齢化社会における退職後の保障),” Feb 2014 - The National Bureau of Economic Research (全米経済研究所)
  • “Hybrid Pensions: Risk Sharing Arrangements for Pension Plan Sponsors and Participants(ハイブリッド型年金プラン:プランスポンサーと年金加入者によるリスク分担,” Feb 2014 - Society of Actuaries(米国アクチュアリー会)
  • “Provision of survivor’s benefits in private sector Defined Benefit occupational pension schemes (民間部門の企業年金スキームにおける遺族給付の付与),” June 2014 - UK Department for Work and Pensions (英国労働年金省)
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「Pensions at a Glance 2011年版」Pensions at a Glance 2011年版(OECDおよびG20加盟国の退職後所得システム(抜粋)パートII 第3章~第6章)
  • 書籍紹介「退職に関する財務助言市場」(The Market for Retirement Financial Advice)オリビア・ミッチェル、ケント・スメッター編
92014/852
論文・文献その他の情報(2013年10月-2014年4月)

政府関係

  • 厚生労働省 OECD「図表で見る世界の年金 2013」(Pensions at a Glance 2013)の公表とデータを参照する際の留意点等について(平成25年11月26日)
  • 厚生労働省 平成24年度厚生年金保険・国民年金事業の概況について(平成25年12月16日)
  • 厚生労働省 平成26年4月分からの年金額の改定について(平成26年1月31日)
  • 厚生労働省 平成26年(2014年)2月末現在 国民年金保険料の納付率(平成26年4月23日)

その他

  • 厚生労働省 平成25年度 年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況について(平成26年2月28日)

論文

  • “Retirement in Japan and the United States: Cross-national Comparisons using the Japanese Study of Aging and Retirement (JSTAR) and the U.S. Health and Retirement Study (HRS) (日本と米国における退職:日本における高齢化と退職に関する調査(JSTAR)および米国におけるヘルス・リタイアメント・スタディ(HRS)を利用した国際比較),” August 2013- The Pension Research Council
  • “Integrated Risk Management for Defined Benefit Pensions: Models and Metrics(確定給付年金に対する総合的なリスク管理:モデルおよび測定基準),” September 2013- The Pension Research Council
  • “Do Longevity Expectations Influence Retirement Plans?(寿命予想は退職制度に影響を及ぼすのか?),” March 2014 – Center for Retirement Research at Boston College
  • “An Actuarial Perspective on Pension Plan Funding(年金制度の積立問題に対する年金数理上の見通し),” December 2013 – The Pension Research Council
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「中立性か、それとも公正か? 年金数理上の概念と年金制度の設計」Neutral or Fair? Actuarial Concepts and Pension-System DesignOECD雇用労働社会問題局2006年12月
  • 書籍紹介「船後会長懐旧談 年金にかかわって四十年」一般社団法人共済組合連盟 2013年11月1日刊
82013/1162
論文・文献その他の情報(2013 年7 月-2013 年9 月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成24 年簡易生命表の概況(平成25 年7 月25 日)
  • 厚生労働省 厚生年金基金の財政について(平成25 年8 月2 日)
  • 厚生労働省 厚生年金基金制度の改正について(平成25 年8 月2 日)
  • 厚生労働省 厚生年金・国民年金の平成24 年度収支決算の概要の公表(平成25 年8 月9 日)
  • 厚生労働省 平成25 年6 月末現在 国民年金保険料の納付率(平成25 年8 月22 日)
  • 厚生労働省 平成26 年度厚生労働省税制改正要望について(平成25 年9 月2 日)
  • 厚生労働省 平成24 年度 年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況について(平成25 年7 月2 日)

論文

  • “Mismeasurement of Pensions Before and After Retirement: The Mystery of the Disappearing Pensions with Implications for the Importance of Social Security as a Source of Retirement Support (退職前および退職後の年金の誤った測定:消える年金の謎と退職後の生活支援の源泉としての社会保障の重要性),” September 2012- Michigan Retirement Research Center
  • “Exchanging Delayed Social Security Benefits for Lump Sums: Could This Incentivize Longer Work Careers? (社会保障給付の受給開始延期と一時金の交換:これは就労期間延長の誘因になりうるか?),” May 2013 - The National Bureau of Economic Research
  • “ The Pricing of Mortality-Linked Contingent Claims: An Equilibrium Approach (死亡率にリンクした条件付き請求権のプライシング:均衡論的アプローチ),” June 2013 - ASTIN Bulletin
  • “How Does Women Working Affect Social Security Replacement Rates? (女性の就労が社会保障の所得代替率に及ぼす影響),” July 2013 - Center for Retirement Research at Boston College
特集:日本人口学会大会参加報告
  • 第65 回大会概要
  • 「死亡率の改善と国債利回り」東京海上アセットマネジメント投信 肥髙昌憲
  • 「保険・年金に内在する長寿リスクの定量化のための死亡率推計モデルの役割について」ライフネット生命 藤澤陽介
  • 「年金アクチュアリーの死亡率の課題と取組み」みずほ総合研究所 井川孝之
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「社会保障プログラムの財政上の経験値に関する確率論的予測:問題点、限界および選択肢」国際アクチュアリー会2012 年11 月
  • 論文紹介「アクチュアリーの役割」国際アクチュアリー会2013 年6 月
  • 論文紹介「バリュー・プロポジション(価値ある提案)」国際アクチュアリー会2013 年6 月
  • 書籍紹介「年金詐欺」「いま、知らないと絶対損する年金50 問50 答」
72013/766
論文・文献その他の情報(2013 年1 月-2013 年6 月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成24 年度の国民年金保険料の納付状況と今後の取組等(平成25 年6 月24 日)
  • 厚生労働省 平成25 年(2013 年)1 月末現在 国民年金保険料の納付率(平成25 年3 月27 日)
  • 厚生労働省 社会保障審議会年金部会 厚生年金基金制度に関する専門委員会「『厚生年金基金制度の見直しについて(試案)』に関する意見」(平成25 年2 月8 日)

その他

  • 厚生労働省 平成24 年度第3 四半期 年金積立金管理運用独立行政法人の運用状況について(平成25 年3 月1 日)

論文

  • “Sticky Ages: Why Is Age 65 Still a Retirement Peak?(硬直的な年齢: なぜ、まだ65 歳が退職のピークなのか?)”, January 2012 – Center for Retirement Research at Boston College
  • “Sustainability of Pension Systems in Europe – the demographic challenge(欧州における年金制度の持続可能性_人口統計学上の課題)”, July 2012- European Actuarial Consultative Group
  • “Shifting Income Sources of the Aged(高齢者の収入源シフト)”, November 2012- U.S. Social Security Administration - Office of Retirement and Disability
  • “The autopilot solution: How notional savings accounts could put state pensions on a sustainable trajectory(みなし貯蓄勘定によって、国の年金を持続可能な軌道 に乗せるには)”, February 2nd 2013 - The Economist
論文・書籍紹介
  • 投稿論文「日本の社会保障年金制度50年の歩みと教訓」 中田 正、坪野剛司
  • 論文紹介「年金受給権」 OECD Pensions at a glance 2011 年版 OECD およびG20 加盟国の退職後所得システム(抜粋) パートⅡ 第2 章
  • 追悼文「年金研究の巨星墜つ」年金数理人 久保知行
62013/138
論文・文献その他の情報(2012 年9 月-2012 年12 月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成23 年度老齢年金受給者実態調査結果(2012 年10 月29 日)
  • 厚生労働省 高年齢者雇用安定法改正Q&A(2012 年11 月13 日)
  • 厚生労働省 平成24 年(2012 年)9 月末現在 国民年金保険料の納付率(2012年11 月30 日)

論文

  • “The Role of Funded Pensions in Retirement Income Systems ISSUES FOR THE RUSSIAN FEDERATION(退職年金における積立年金方式の役割~ロシア連邦において)”, OECD 19 Oct 2012
  • “Raising retirement ages and expanding private pension coverage essential (退職年齢の引上げと私的年金の加入率拡大は必須)”, OECD 11 June 2012
論文・書籍紹介
  • 公開草案「International Standard of Actuarial Practice, “Valuation of Social SecurityPrograms”(国際アクチュアリー会実務基準 社会保障プログラムの評価)」2012 年10 月 International Actuarial Association(国際アクチュアリー会)
  • 文献紹介「年金システムの設計」OECD Pensions at a glance 2011 年版 OECD およびG20 加盟国の退職後所得システム(抜粋) パートⅡ 第 1 章 ・
52012/1061
論文・文献その他の情報(2012 年4 月-2012 年9 月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成24 年(2012 年)3 月末現在 国民年金保険料の納付率(2012 年5 月30 日)
  • 厚生労働省 第21 回生命表(完全生命表)の概況(2012 年5 月31 日)
  • 厚生労働省 平成23 年(2011 年)人口動態統計月報年計(概数)の概況(2012年6 月5 日)
  • 内閣府 平成24 年(2012 年)版 高齢社会白書(2012 年6 月15 日)
  • 厚生労働省 「厚生年金基金等の資産運用・財政運営に関する有識者会議」報告書(2012 年7 月6 日)
  • 年金積立金管理運用独立行政法人 平成23 年度(2011 年) 業務概況書(2012 年7 月6 日)
  • 厚生労働省 平成23 年簡易生命表の概況(2012 年7 月26 日)
  • 厚生労働省 平成24 年版 厚生労働白書(2012 年8 月28 日)

その他

  • 信託協会・生命保険協会・全国共済農業協同組合連合会 企業年金(確定給付型)受託概況(2012 年5 月25 日)

論文

  • “Pension fund governance: board of trustees under pressure(年金ガバナンス:理事会は圧力を受けている)”, Kas Bank – June 2011
  • “Participating Payout Life Annuities: Lessons from Germany(参加型終身年金:ドイツから学ぶ教訓)”, Raimond Maurer, Ralph Rogalla, and Ivonne Siegelin –May 2012
  • “Pensions at a Glance Asia/Pacific 2011(アジア太平洋地域における年金制度の概観2011)”OECD Publishing-31 January 2012
  • “Target-Date Funds in 401(k) Retirement Plans (401kプランにおけるターゲット・デート・ファンド)” Olivia S.Mitchell,Stephen P.Utkus
論文・書籍紹介
  • 記事紹介「アクチュアリー:持続可能な社会保障制度のキープレーヤー」ソーシャル・ポリシー・ハイライト24 2012 年 ISSA 国際社会保障協会
  • 論文紹介「妥当で持続可能な、かつ安全な欧州年金制度の構築に向けたグリーンペーパー」COM(2010 年)365 号最終稿 2010 年7 月 EU 欧州委員会
  • 書籍紹介「新版年金数理概論」社団法人日本年金数理人会編朝倉書店2012 年3 月30 日刊
42012/550
論文・文献その他の情報(2011 年12 月-2012 年3 月)

政府関係

  • 厚生労働省 平成22年(2010年) 人口動態統計(確定数)の概況(2011年12月1日)
  • 厚生労働省 平成23年(2011年)12月末現在 国民年金保険料の納付率(2012年2月29日)
  • 社会保障・税一体改革5大臣会合(2011年12月30日)資料
  • 社会保障・税一体改革大綱について(2012年2月17日閣議決定)
  • 国立社会保障・人口問題研究所 日本の将来推計人口(平成24年1月推計)(2012年1月30日)

その他

  • 年金積立金管理運用独立行政法人 平成23年度第2四半期運用状況(2011年12月2日)・平成23年度第3四半期運用状況(2012年3月2日)

論文

  • “Potential outcomes of private pension developments in China(中国における私的年金制度の発展の行く末)”, Javier Alonso, Miguel Angel Caballero, Li Hui, María Claudia Llanes, David Tuesta, Yuwei Hu, Yun Cao, BBVA Research Working papers 11/33
  • “Corporate Defined Benefit Pension Plans and the Financial Crisis: Impacts, and Sponsor and Government Reactions(確定給付型企業年金と金融危機:影響、およびスポンサーと政府の反応)”, Mark J. Warshawsky, WP2011-14
  • “Social Interaction Effects and Individual Portfolio Choice: Evidence from 401(k) Pension Plan Investor(社会的相互作用の影響と個人のポートフォリオ選択:確定拠出年金(401k)の投資家を対象にした検証)”, Timothy (Jun) Lu, PRC Wharton WP2011-19
  • “Crisis and pension system design in the EU: Intergenerational redistribution and international spillover effects via factor mobility(EU における危機と年金制度設計:世代間再分配と生産要素の移動を通じた国際的波及効果)”, Igor Fedotenkov, Lex Meijdam (2011), Netspar
講演録
  • 講演録「イギリス公私年金制度の最新動向」Dr. Harald Conrad (University of Sheffield)
論文・書籍紹介
  • 論文紹介「私的年金制度の設計評価:リスク分担の費用と便益」Hans Blommensteiin, Pascal Janssen, Niels Kortleve, Juan Yermo
  • 書籍紹介「アクチュアリー数学シリーズ 3 年金数理」田中周二,小野正昭,斧田浩二著2011 年, 日本評論者
32012/162
論文・文献その他の情報(2011 年8 月-11 月下旬)

政府関係

  • 厚生労働省 厚生年金基金、国民年金基金及び確定給付企業年金の監査結果を公表(2011年8月5日)
  • 厚生労働省 平成22年人口動態統計(確定数)の概況を公表(2011年9月1日)
  • 厚生労働省 平成24年度厚生労働省税制改正の要望事項を公表(2011年9月30日)
  • 厚生労働省 平成23年「高年齢者の雇用状況」集計結果を公表(2011年10月12日)
  • 社保審 年金部会「社会保障・税一体改革成案」の検討を開始(2011年8月26日、9月13日、9月29日、10月11日、10月31日、11月11日)
  • 内閣府 提言型政策仕分けの評価結果を公表(を実施(2011年11月23日)

その他

  • 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) 23年度第1四半期運用状況を公表(2011年8月30日)

論文

  • “Public Pension Systems and the Fiscal Crisis in the Euro Zone: Lessons for Latin America(ユーロ圏の公的年金制度と財政危機: 中南米からの教訓)”, Javier Alonso, Rafael Doménech, and David Tuesta (2011), BBVA Research
  • “How Much Do Means-Tested Benefits Reduce the Demand for Annuities(資力調査に基づく給付により年金の需要はどの程度低下するか)?”, Monika Bütler, Kim Peijnenburg and Stefan Staubli (2011), Netspar DP 06/2011-052
  • Systems: An Experimental Study(賦課方式の年金制度における世代間のリスク共有と所得再分配:実験的研究)”, Siqi Pan (2011), Research Master Thesis 2011-004, Netspar
  • “Individual Investors and the Financial Crisis: How Perceptions Change, Drive Behaviour, and Impact Performance(個人投資家と金融危機:認識はどう変化し、行動を左右し、成果に影響を及ぼすか)”, Arvid Hoffmann, Thomas Post and Joost Pennings (2011), Netspar discussion paper 07/2011-041
論文・書籍紹介
  • 論文紹介1「金融危機の確定給付型制度への影響と反景気循環積立基準の必要性」OECD Juan Yermo, Clara Severinson
  • 論文紹介2「リタイアメント20/20 年金設計の新考案」Robert L. Brown, University of Waterloo
  • 書籍紹介「世界の年金改革」有森美木著, 江口隆裕編2011 年, 第一法規
22011/916
論文・文献その他の情報(2011 年4 月-8 月上旬)

政府関係

  • 厚生労働省 平成22 年簡易生命表の概況を公表(2011 年7 月27 日)
  • 「社会保障・税一体改革成案」を閣議報告(2011 年7 月1 日)
  • 総務省 平成22 年国勢調査抽出速報集計結果を公表(2011 年6 月29 日)
  • 厚生労働省 「今後の高齢者雇用に関する研究会」報告書~生涯現役社会を目指して~ を公表(2011 年6 月20 日)
  • 厚生労働省 平成22 年人口動態統計月報年計(概数)を公表(2011 年6 月1 日)

その他

  • 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF) 2010 年度運用実績発表(2011 年7 月6日)
  • 社保審 年金数理部会「公的年金財政状況報告-平成21 年度-」を公表(2011年6 月29 日)
  • 独立行政法人 労働政策研究・研修機構「高齢者の就業実態に関する研究」報告書を公表(2011 年6 月6 日)
  • 「単体財務諸表に関する検討会議」報告書(2011 年4 月28 日)
  • 日本年金数理人会「国際会計基準(IAS19)の適用に関する海外調査と示唆」調査報告書(2011 年3 月)

論文

  • “Making the Dutch Pension System Less Vulnerable to Financial Crises”, Høj, J. (2011), OECD Economics Department Working Papers, No. 832, 「金融危機により影響を受けにくいオランダの年金制度の構築」ホイ, J.OECD 経済部ワーキングペーパー No.832 (2011)
  • “A Post-Crisis Assessment of Retirement Income Adequacy for Baby Boomers and Gen Xers”, Jack Vanderhei (2011), EBRI Issue Brief, No. 354 「危機後のベビーブーマー世代の退職所得十分性の評価」ジャックヴァンデルハイ (2011), EBRI発行短信 No.354
  • “Progress and key challenges in the delivery of adequate and sustainable pensions in Europe (A Joint Report on Pensions)”, European Commission (2010), Directorate-General for Economic and Financial Affairs, Occasional Papers, 71, Brussels「欧州における十分で持続可能な年金の提供の進歩と重要な挑戦」欧州委員会(2010),
  • 経済金融事情の理事会, 予備ペーパー
  • “Funding in Public Sector Pension Plans: International Evidence”, Ponds, E., C. Severinson and J. Yermo (2011), OECD Working Papers on Finance, Insurance and Private Pensions, No. 8「世界各国における、公共部門における年金制度の積立の状況」E.,ポンズ, C. セベリンソン, J.イェルモ, 金融・保険・私的年金に関するOECD ワーキングペーパーNo.8
論文紹介
  • 社会政策に関する経済協力開発機構(OECD)閣僚会合 2011 年5 月2~3 日パリセッション3 過去の代償を支払い、将来に備える: 世代間の連帯
12011/541
日本年金数理人会と「JSCPA調査報」理事長 佐々木政治
「JSCPA調査報」で広い知識と高い識見を調査研究委員会

2010 年4 月-2011 年3 月の論文・文献その他の情報

政府関係

  • 新年金制度に関する検討会「新年金制度新たな年金制度の基本的考え方について(中間まとめ)」を公表(2010年6月29日)
  • 内閣府 高齢社会白書を公表(2010年5月14日)
  • 年金積立管理運用独立行政法人(GPIF)の運営の在り方に関する検討会が検討結果(報告)を公表(2010年12月22日)

論文

  • “The Importance of Defined-Benefit Occupational Pension Schemes in Selected OECD Countries”, Eich, Frank (2010), Pension Corporation Research 「OECD 諸国の一部における確定給付(給付建?)職域年金スキームの重要性」 エリック フランク(2010), ペンション・コーポレーション・リサーチ
  • “What is it that Makes the Swiss Annuitise? A Description of the Swiss Retirement System”, Benjamin Avanzi (2010), Australian Actuarial Journal,Vol.16, No. 2
  • 「何がスイスの年金化を形成するのか?スイスの引退システムの記述」ベンジャミンアヴァンジ(2010), オーストラリア アクチュアリー ジャーナル第16-2号
  • “Working life and retirement pensions in Spain: The simulated impact of a parametric reform”, Rafael Muñoz de Bustillo, Pablo de Pedraza, José Ignacio Antón and Luis Alberto Rivas (2011), International Social Security Review,Volume 64, No.1, p.73–93 「スペインにおける就労生活と退職年金:パラメータ見直し改革のシミュレーションによるインパクト」ラファエル ミュノーズ デ ブスティロ, パブロ デ ペドラザ, ヨセ イグナシオ アントン, ルイス アルベルト リバス(2011), 国際社会保障レビュー第64-1号, p.73-93
  • “The Treatment of Married Women by the Social Security Retirement Program”,Andrew G. Biggs, Gayle L. Reznik, and Nada O. Eissa (2010), Boston CRR WP#2010-18「既婚女性の社会保障引退プログラムによる取扱い」アンドリュー G. ビギンズ, ゲイル L. レズニック, ナダ O. エイサ(2010), ボストン大学退職調査センター・ワーキングペーパー2010-18
論文紹介1
  • 金融危機の確定給付型制度への影響と反景気循環積立基準の必要性OECD Juan Yermo, Clara Severinson
論文紹介2
  • 公的年金制度最適設計のための判断基準Robert Brown
年金書籍紹介
  • 田中周二著「R によるアクチュアリーの統計分析」小林周一

ページトップへ

  • ライブラリ