目的および事業内容

公益社団法人日本年金数理人会は、厚生年金基金、国民年金基金および確定給付企業年金の年金数理業務に携わる年金数理人を中心とする職能団体です。当会の目的および事業内容は次のとおりです。

目的

年金数理人の資質の向上と品位の保持および年金数理の改善進歩を図ることを通じて、広く年金制度の普及と発展に寄与し、国民の生活の安定と福祉の向上に役立つ事業を行うことを目的としています。

事業内容

  1. 年金数理業務を行うため必要となる実務基準等の制定・改廃
  2. 退職給付会計業務を行うため必要となる実務基準等の制定・改廃
  3. 会員の品位の保持を図るための行動規範の制定・改廃
  4. 年金数理の改善進歩を図るための調査研究
  5. 会員の資質の向上および年金数理の改善進歩を図るための研修および啓発事業の実施
  6. 会員資格要件判定のための能力判定試験の実施
  7. 年金数理人名簿に関する資料管理
  8. 会報・広報誌その他刊行物の発行・出版等の情報発信
  9. その他当会の目的を達成するために必要な事業

活動内容

当会は、厚生年金基金、国民年金基金および確定給付企業年金の円滑な運営及び発展のための意見の発信や実務基準の制定、研修会の開催等を以下のとおり実施しております。

意見書の提出・提言

(最近の意見・提言)

・2019年3月19日「企業年金制度の普及および改善に関する提言」
・2018年7月19日IAA「ISAP1改定のファイナルドラフト」に対するコメント
・2018年2月6日企業会計基準委員会「実務対応報告第34号の適用時期に関する当面の取扱い(案)」に対するコメント
・2017年10月30日IAA「ISAP1改定の公開草案」に対するコメント
・2017年3月17日IAA「ISAPs 1,2,3及び用語集の改定案」に対するコメント
・2017年3月3日企業会計基準委員会「債券の利回りがマイナスとなる場合の退職給付債務等の計算における割引率に関する当面の取扱い(案)」に対するコメント
・2016年9月18日IAAファイナルドラフト「ISAP(International Standard of Actuarial Practice) 1A」に対するコメント
・2016年8月1日企業会計基準委員会「リスク分担型企業年金の会計処理等に関する実務上の取扱い(案)」に対するコメント

実務基準およびガイダンスの開発

  • 厚生年金基金実務基準
  • 確定給付企業年金に関する数理実務基準
  • 確定給付企業年金に関する数理実務ガイダンス
  • 退職給付会計に関する数理実務基準
  • 退職給付会計に関する数理実務ガイダンス
  • IAS19に関する数理実務基準

調査・研究

  • 年金に関する文献および書籍の収集・紹介
  • 年金に関する研究および報告書の作成
研修
  • 講演会および研修会の開催
  • 実務研修会の開催
  • eラーニング講座の開設
  • 年金数理に関する自主研究会の開催
広報
  • 会報「年金数理人」
  • インターネットウェブサイトの活用

国際関係

  • IAA(The International Actuarial Association)に正会員として加盟(1999年9月19日)
  • 国際関係機関への意見の提出
  • 国際会議への参加
  • 海外の年金動向の調査・報告書の作成
  • 外国アクチュアリー会年金専門家との交流会の開催

啓発事業

  • 能力判定試験の実施
  • 大学院での「年金数理講座」の支援
  • 企業年金制度に関する書籍の出版
  • 年金制度に関する論文の募集

ページトップへ

  • 理事長長ご挨拶
  • 目的および事業内容
  • 組織概要
  • 定款
  • 総会について
  • 事業計画・予算
  • 委員会の種類と職務内容
  • 行動規範・懲戒規則
  • 実務基準等運営規則
  • 継続的能力開発制度規則
  • 年金数理人のご紹介(パンフレット)